その離婚届け
本当に出しますか?
一時的な感情だけで何の協議もせずに離婚に踏み切ろうとしていませんか?
後になって苦労や後悔をしている方を私たちは見てきました
 
離婚には、離婚協議書の作成は
大切な手続きです
そして
離婚をしない選択もあります
離婚に関することなら、離婚相談を専門に扱っている家庭問題研究会までご相談を!  初回相談は無料です。

離婚協議や取り決めをせずに一時的な感情に走って離婚したために、後になって苦労や後悔をしている方、特に女性の多いことに気付かされます。「何で養育費をもらわなかったんだろう」「何で慰謝料をもらえることを知らなかったのだろう」「何で子供の心の内を理解してあげられなかったのだろう」等。後で後悔しても後悔しきれません。

早く離婚してスッキリしたい気持ちはわかりますが、今一度、冷静になって今後の生活のことを考えてみて下さい。経済的にも精神的にも苦しくなってきます。

​私たち家庭問題研究会は、離婚問題を熟知したメンバーで構成しています。相談に来られたご本人やその家族にとってどのように対応すれば良いかを真剣に考え、サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。きっと、貴方のお役にたてると信じています。

よくある質問(FAQ)

・ 離婚によって発生する問題にはどういうものがありますか

・ 夫が離婚に同意しませんが、どんな手続きをとればいいですか

・ 離婚協議をせずに離婚したが、養育費や慰謝料の請求は今からできますか

・ 養育費の支払が滞りましたが請求するにはどうしたらいいですか

・ 離婚する前に別居していたが、費用を請求できますか

・ 子供との面会交流を相手方が拒否しているが、どうしたらいいですか

・ 親権者を相手方が譲りません。子供と生活する方法はないですか

・ 子供が病気をしたが、養育費の増額を請求できますか。

・ 子供の戸籍と姓を私と同じにしたいが、どうすればいいですか

・ 夫の退職金は、財産分与の対象になりますか

・ 財産分与、慰謝料の請求は離婚後いつまでできますか

・ 夫が不貞の相手方に慰謝料の請求はできますか

・ 財産分与について夫と話ができません。どうしたらいいですか

おことわり

裁判や調停、夫婦間の紛争等の法律問題には対応しておりません。その場合は、弁護士を紹介いたします。

※秘密厳守で対応いたします。

© 2018 by 家庭問題研究会 

mailto:  kmkqk@yahoo.co.jp

Tel:  050-5806-4873

Fax: 

Connect online:

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now